総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝いの由来

一言で「長寿祝い」といっても、段階によって様々なお祝いがあります。
それぞれのお祝いには、きちんとした由来がありますよ。

<還暦>
長寿祝いといえば、このお祝いを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
最近では満年齢で行うことが多くなってきている長寿祝いですが、還暦だけは昔と同じように数え年で行う人が多くなっています。数え年61才で行うお祝いです。
生まれた年の干支に「還る」という意味から「還暦」と呼ばれるようになりました。

<古希(こき)>
70才で行われるお祝いです。
中国の唐の時代の詩人である杜甫(とほ)の詩の中の一節、「人生七十古来稀也」という言葉に由来しています。
現代では人生80年と言われているので、古希を本格的な長寿のお祝いと考える人も多くなっています。

<喜寿(きじゅ)>
77才で行われるお祝いです。「喜」という漢字をくずして書いてみると、縦書きで「七十七」と読めるところから、77才の年のお祝いは「喜寿」と呼ばれるようになりました。
人生80年と言われる現代では、本格的な長寿のお祝いは喜寿から、と考えている人が多いようです。

<傘寿(さんじゅ)>
80才で行われるお祝いです。「傘」という漢字をくずして書いてみると、縦書きで「八十」と見えるところから、80才のお祝いは「傘寿」と呼ばれるようになりました。
最近では長生きする人も多いですが、やはり80代を迎えることは喜ばしいことですよね。傘寿と呼ばれることから、傘を贈る人もいるそうですよ。
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 19:00 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いとは?

今や日本では人生80年と言われており、長生きをする人が多くなりました。
そんな中、「長寿祝い」を行う機会も多くなってきたのではないでしょうか。

長寿祝いは「敬老祝い」「賀寿」「算賀」とも呼ばれていて、以前は数え年の誕生日に行うことが一般的でした。ですが最近では満年齢で行う人もいたり、誕生日に限らず、年の初めや敬老の日などに行ったりと、人それぞれ様々な時期に行っています。
お祝いを行う日にはこだわらず、本人の健康状態に合わせたり、家族や親戚が集まりやすい時期を優先させたりして行う方が良い、ということですね。

長寿祝いは古くから行われていましたが、はるか昔、平安時代では「五八の賀」と呼ばれる長寿祝いが行われていました。この長寿祝い、なんと40才のお祝いでした。現代の40才といえば、まだまだ人生これから!という働き盛りですよね。
その後、50才、60才と10年ごとにお祝いされていたと言われています。
これらの年を考えてみると、厄年にあたります。
長寿祝いの由来は厄払いをするためであった、とも言われているのです。

室町時代になると五八の賀を祝う習慣は薄れ、60才の「還暦」、77才の「喜寿」、88才の「米寿」のお祝いの習慣が一般的となり、それからいくつかの時代を経て現代まで定着しているというわけです。

ですが現代では60才というとまだまだ元気いっぱい、現役の年ですよね。
還暦のお祝いは控えめに行い、本格的な長寿祝いは70才の「古希」や喜寿を迎えてからの方が良いかもしれませんね。
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 09:00 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。