総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝い「茶寿」と「皇寿」

長寿祝いというと還暦や米寿を思い浮かべる人が多いかと思いますが、長寿大国の日本では、米寿を迎えた後も様々なお祝いが用意されています。


今や100才を迎える人も、決して少なくありません。100才を迎えたお祝いは、百寿や上寿、百賀の祝いなどと呼ばれます。

それから1年ごとにお祝いをすることが多いのですが、108才になると「茶寿(ちゃじゅ)」と呼ばれるお祝いになります。

「茶」という字に使われている草かんむりの旧字は「十十」になります。
草かんむりの下は「八十八」に分解することができ、全てを足すと10+10+88=108になるために、108才のお祝いを茶寿と呼ぶようになりました。
発案者はお茶屋さんだそうですが、実際、お茶を好むお年寄りは多いですよね。
茶寿のお祝い品として、それぞれの好みに合わせたお茶をプレゼントしても素敵ですね。

次に行われる大きな長寿のお祝いは、111才で行われるお祝いで「川寿(せんじゅ)」や「王寿(おうじゅ)」、「皇寿(こうじゅ)」と呼ばれています。
川寿は、「川」という字が111と似ていることから呼び名がつきました。
王寿は、「王」という漢字を分けてみると、一十一になることから呼び名がついています。
皇寿も同じように、漢字を分解して考えてみます。
皇の字は、まず「白」と「王」とに分けられますよね。
白は、「百」という漢字から一をとると「白」になるため、「九十九」ということになり、「王」は分解してみると「十」と「二」。
白と王を合計してみると111になったことから111才のお祝いとして定着するようになりました。
一般に、111才のお祝いというと「皇寿」と呼ばれることが多いようです。
何だか神聖な、綺麗な印象の呼び名ですね。

100%『生』のローヤルゼリーをお試しください
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 05:32 | Comment(0) | 長寿祝い「茶寿」と「皇寿」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝い 「白寿」と「百寿」


長寿祝いには色々なお祝いがあります。人生で最初に行われる長寿のお祝いは「還暦」ですが、最近の60代の方をみると、皆さん若々しくて、長寿のお祝いとされるにはまだまだ早い気がしますよね。

一般的に、本格的な長寿祝いとしてお祝いされるのは、77才で行われる「古希(こき)」あたりからです。

その後、80才の「傘寿(さんじゅ)」、88才の「米寿(べいじゅ)」、90才の「卒寿」となりますが、その後もまだまだ長寿のお祝いは続きますよ。

99才で行われるお祝いは白寿(はくじゅ)です。

100才まであと1年、「百」という漢字から「一」をとると「白」になることから99才のお祝いは「白寿」と呼ばれるようになりました。

白寿となると、親戚内での祝い事だけではなく、隣近所の人や町内会など、身の回りのたくさんの人から盛大に行われる場合もあるようです。

100才で行われるお祝いは、呼び名が様々です。
文字通り「百寿」と書いて「ひゃくじゅ」「ももじゅ」と呼んだり、「上寿(じょうじゅ)」と呼ばれたりもしています。

昔、人の寿命の長さを表すものとして、100才を上寿、80才を中寿、60才を下寿と呼んでいたそうです。(中寿を100才、上寿が120才としているところもあるようですが・・)

また、100年は一世紀であることから「紀寿(きじゅう)」、その他「御百寿」「御紀寿」などの呼び名がありますよ。

「百賀の祝」と呼ばれることもあり、101才では「百一賀の祝い」と、100才を過ぎてからは1年ごとにお祝いをすることが多いようです。




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 23:01 | Comment(0) | 長寿祝い「白寿」と「百寿」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いに「旅行」のプレゼント


長寿祝いに「旅行」のプレゼント

長寿のお祝いのプレゼントというと、洋服やお酒、花束など様々なものがありますが、「旅行」をプレゼントするというのはいかがでしょう。

旅行は手元に残るものではありませんが、心の中にしっかりと残り、その思い出はずっと消えることはありません。

手軽な方法は、旅行券です。
旅行券なら、本人が行きたい場所や出かける時期も自由に選んでもらうことができます。
本人が忙しくて旅行を計画する時間がなかなかとれない、旅行の手配が面倒・・という場合は、旅行券を渡すだけではなく、旅行の計画をたてて、旅館やホテルの予約まで行ってあげましょう。
日程や場所、内容は、本人に直接希望を聞いておきます。
普段は利用しないような、高級感ある宿を予約してあげると良いですね。

両親への長寿祝いであれば、自分達も一緒に旅行に行くのも良いでしょう。
皆で揃って旅行というのは、こんな機会がないとなかなか行かないものですよね。
皆でワイワイと行く旅行なら、楽しい思い出となること間違いなしですよね。

旅行をプレゼントする時に気をつけておかなければいけないことは、本人の体調をよく考えておく、ということです。
体調があまり良くない時の旅行は、かえって逆効果になる場合がありますね。
体調は良いとは言えないけれど気分転換したい、という希望であれば、近場でゆっくりできる場所を探し、必要であれば少人数で付き添いを行うなど、本人の気持ちを尊重した旅行をプレゼントしてあげましょう。



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いの人気プレゼント

長寿祝いには還暦や米寿など、様々なお祝いがありますが、大切なお祝いに贈るプレゼントは何にしようか、考えてしまいますよね。

以前は、赤や紫のちゃんちゃんこ、というのが一般的でしたが、最近ではちゃんちゃんこを贈る、という人は少なくなってきているようです。

実用的なものでは、衣類が人気のあるプレゼントとなっていますが、その他には毎日使う「食器」なんていかがでしょう。
衣類は相手の好みをよく知っていないと難しいですが、食器なら手軽に選ぶことができますよね。
毎日よく使うお茶碗やお椀、また箸や湯のみ、グラスなども良いですね。
お祝いの記念になるように、名前やメッセージなどを入れてくれるお店もありますよ。
使うたびに、嬉しくなってしまいますよね。
食器を選ぶ時に注意するポイントは、使い勝手の良いものを選ぶということです。
デザインも大切ですが、やはり年配の方が使うものなので、扱いやすいものが一番です。
お洒落なものをプレゼントしたい、という人は、花束や花瓶、またお酒などはいかがでしょう。お洒落なお酒といえばワインですが、生まれた年のワインを贈れば、相手に喜んでもらえること間違いなしですし、とてもお洒落なプレゼントとなりますよね。

その他に、お祝い事のプレゼントの定番ともいえる写真たてや、年配の方に喜ばれる美しい風呂敷など、考えてみると様々なプレゼントがありますよ。

どれにしようか、本当に迷ってしまいますが、一番大切なことは、自分の気持ちです。
相手のことを想って選んだプレゼントなら、どんな物でもきっと喜ばれることでしょう。相手のことをよく考えてみて、雰囲気に合ったものを選んでみてくださいね。
キーワード一覧
お歳暮
長寿祝い

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝い「米寿」と「卒寿」




長寿大国の日本では、様々な長寿のお祝いが行われています。

人生で最初の長寿祝いと呼ばれているのは数え年61才で行われる「還暦」ですが、60代で長寿祝いというのは、実際にはまだまだ早い気がしますよね。

77才で行われる「古希(こき)」、80才の「傘寿(さんじゅ)」あたりから、長寿祝いとして本格的になってくると思いますが、古希や傘寿は、若い人の中には聞きなれない言葉だと考えている人もいるようです。

長寿祝いとしてポピュラーだと思われるお祝いは、やはり「還暦」と「米寿」ではないでしょうか。

米寿(べいじゅ)は、88才で行われるお祝いです。

傘寿と同じように、「米」という感じをくずして書いてみると、縦書きで「八十八」と読めることから、88才の年のお祝いは「米寿」と呼ばれるようになりました。
縁起の良い8が2つ並び、おめでたい年ですね。
いくつかの長寿のお祝いの中でも、本格的な長寿の祝いとして特に盛大に行われることが多いようですよ。

米寿のお祝いから2年たつと、今度は90才で行われる「卒寿(そつじゅ)」になります。

「卒」という漢字の略字が「卆」という字で、まさに「九十」と読めることから、90才の年のお祝いは「卒寿」と呼ばれるようになりました。

「人生を卒業すること?」などと考えてしまう人も多いようですが、決してそんな意味ではありませんよ。長寿大国と呼ばれる日本でも、100才まであと10年という年まで長生きできるということは、尊敬の念を抱くにふさわしいですよね。

これからもより一層元気に輝いてもらえるように、さらに長生きされることを祈ってお祝いしましょう。



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 13:29 | Comment(0) | 長寿祝い 「米寿」と「卒寿」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝い「緑寿」

長寿大国と呼ばれる日本では、長寿のお祝いを行う機会も多いですよね。
一言で長寿のお祝いと言っても様々なものがあり、段階によって呼び名が異なります。

一番ポピュラーなお祝いといえば、やはり「還暦」ですよね。
数え年で61才を迎えた時に行うお祝いです。その後に70才で行う「古希」と続くわけですが、還暦と古希の間に行われるお祝いがあることをご存知ですか?

最近では60才といえばまだまだ現役で、長寿祝い、といった感じではないなあ、と感じている人も多いのではないでしょうか。政府の統計上でも、65才以上が高齢者であるという区分になっています。

そこで2002年9月、日本百貨店協会が65才、数え年で66才を「緑寿」と提案しました。

65才で仕事に一区切りをうって現役引退する人も多く、人生の1つの節目となる年としては還暦よりも意味のあるお祝いとなりそうですね。

「緑寿」の由来は何なのでしょう。
中高年jpg
これは環境をテーマとしているそうです。最近ではエコが推進されていて、リサイクル生活が薦められるなど、環境問題は私達の生活により身近なこととなっていますよね。
人生の節目を迎えたお祝いに、明るい未来を作るための環境について、もう一度見直してみようという意味があるのでしょうか。環境といえば緑、ということで「緑緑(66)寿」から簡潔にして、「緑寿」と名前がついたそうです。

まだまだ長寿のお祝いとしては浸透していませんが、現代社会にマッチした「緑寿」は、これから先、どんどん浸透していきそうですね。退職祝いと一緒に「緑寿」のお祝いも兼ねて、行ってみてはいかがでしょう。


参考記事リンク⇒人生100年時代





posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 13:43 | Comment(0) | 長寿祝い「緑寿」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いの由来

一言で「長寿祝い」といっても、段階によって様々なお祝いがあります。
それぞれのお祝いには、きちんとした由来がありますよ。


還暦jpg<還暦>
長寿祝いといえば、このお祝いを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
最近では満年齢で行うことが多くなってきている長寿祝いですが、還暦だけは昔と同じように数え年で行う人が多くなっています。数え年61才で行うお祝いです。
生まれた年の干支に「還る」という意味から「還暦」と呼ばれるようになりました。

<古希(こき)>
70才で行われるお祝いです。
中国の唐の時代の詩人である杜甫(とほ)の詩の中の一節、「人生七十古来稀也」という言葉に由来しています。
現代では人生80年と言われているので、古希を本格的な長寿のお祝いと考える人も多くなっています。

<喜寿(きじゅ)>
77才で行われるお祝いです。「喜」という漢字をくずして書いてみると、縦書きで「七十七」と読めるところから、77才の年のお祝いは「喜寿」と呼ばれるようになりました。
人生80年と言われる現代では、本格的な長寿のお祝いは喜寿から、と考えている人が多いようです。

<傘寿(さんじゅ)>
80才で行われるお祝いです。「傘」という漢字をくずして書いてみると、縦書きで「八十」と見えるところから、80才のお祝いは「傘寿」と呼ばれるようになりました。
最近では長生きする人も多いですが、やはり80代を迎えることは喜ばしいことですよね。傘寿と呼ばれることから、傘を贈る人もいるそうですよ。

ギフト.jp

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 12:41 | Comment(0) | 長寿祝いの由来 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いに「カタログギフト」

最近ではお祝い事のプレゼントとして、「カタログギフト」は定番となりましたよね。
好きなものを自由に選んでもらうカタログギフトは、贈る側としても贈られる側としても、とても便利なプレゼントですね。

還暦や古希、米寿などの長寿祝いのプレゼントとしても、カタログギフトは人気のあるプレゼントとなっていますよ。

金額は3千円程度のものから5万円程度のものまで、様々です。
結婚式などの引き出物によく使われている、グルメや雑貨、日常必需品まで、あらゆるものが総合的に入っているカタログも人気がありますが、旅行などが体験できる「体験型カタログギフト」も長寿祝いのプレゼントとして人気がありますよ。

体験型カタログギフトとは、文字通り、色々なことを体験してもらうためのカタログギフトです。
具体的な内容としては、温泉宿への日帰り旅行や1泊旅行、ゴルフ好きな人のためのゴルフツアー、女性に嬉しい豪華なエステツアー、またレストランでの食事やホテルのバーで優雅なひと時を楽しんでもらう体験も揃っていますよ。
その他にも、普段はなかなか体験することができないクルージングや遊覧飛行など、想像するだけでワクワクしてしまう体験が満載です。

せっかくだけど、お出かけする時間がとれないので・・・という場合には、産地直送のグルメ品や、豪華なお花や雑貨なども掲載されているので安心です。

素敵な時間をプレゼントすることができる「体験型カタログギフト」、一味違ったプレゼントとして喜ばれることでしょう。
おすすめですよ。
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いとは?

長寿祝い 人生100年時代
長寿祝いとは?

今や日本では人生80年と言われており、長生きをする人が多くなりました。
そんな中、「長寿祝い」を行う機会も多くなってきたのではないでしょうか。
七福神jpg


長寿祝いは「敬老祝い」「賀寿」「算賀」とも呼ばれていて、以前は数え年の誕生日に行うことが一般的でした。ですが最近では満年齢で行う人もいたり、誕生日に限らず、年の初めや敬老の日などに行ったりと、人それぞれ様々な時期に行っています。
お祝いを行う日にはこだわらず、本人の健康状態に合わせたり、家族や親戚が集まりやすい時期を優先させたりして行う方が良い、ということですね。

長寿祝いは古くから行われていましたが、はるか昔、平安時代では「五八の賀」と呼ばれる長寿祝いが行われていました。この長寿祝い、なんと40才のお祝いでした。現代の40才といえば、まだまだ人生これから!という働き盛りですよね。
その後、50才、60才と10年ごとにお祝いされていたと言われています。
これらの年を考えてみると、厄年にあたります。
長寿祝いの由来は厄払いをするためであった、とも言われているのです。

室町時代になると五八の賀を祝う習慣は薄れ、60才の「還暦」、77才の「喜寿」、88才の「米寿」のお祝いの習慣が一般的となり、それからいくつかの時代を経て現代まで定着しているというわけです。

ですが現代では60才というとまだまだ元気いっぱい、現役の年ですよね。
還暦のお祝いは控えめに行い、本格的な長寿祝いは70才の「古希」や喜寿を迎えてからの方が良いかもしれませんね。


『胡蝶蘭通販.com』


posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 08:49 | Comment(0) | 長寿祝いとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。