総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

食器のプレゼント

心に残るオンリーワンギフト
食器のプレゼント
http://kokoronokoruone.seesaa.net/article/114444909.html
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 20:25 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いの服装とお祝い品

長寿祝い 人生100年時代
長寿祝いの服装とお祝い品



黒天目ウサギ箸置き

長寿祝いには様々なものがありますが、長寿大国とされる日本では、そのようなお祝い会に参加する機会が増えていくことと思います。
長寿のお祝い会に招待されたけれど、参加したことがないのでどうしたら良いのか分からない・・・と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。基本的に、参加する上で特に決まりごとはありません。ですがやはり、参加するにあたっては、礼儀をわきまえておきたいですよね。
気になることといえば、服装とお祝いの品についてでしょうか。
まず服装ですが、これはあまり気にする必要はありません。ですが、お祝い会の規模と開かれる場所によって少し異なります。
自宅や小さな料亭などで、身内を中心に行われる場合は、少しお洒落をする程度で良いでしょう。デパートへお出かけする程度のお洒落着で十分です。
ホテルなどで行われる場合は、男性はスーツ、女性はスーツやドレッシーな衣装が良いでしょう。着物の場合は、派手すぎないものを選び、無地か小紋のものにしておきましょう。
お祝いの品は、人それぞれ、様々な形があります。


草花豆皿5枚セット6cm角いちかわ作


会費制のお祝い会に招待された場合は、会費の中に贈り物代が含まれている場合があります。その場合は、特別用意する必要はありません。招待状などに事前にその旨が書いてあるかと思いますが、どちらか分からない場合は確認しておくと良いでしょう。
贈り物が含まれていない場合、または感謝の気持ちを伝える品を贈りたい、という場合は、どんな物が良いでしょう。
手軽なものとしては、湯のみなどの食器類、衣服、旅行券などが挙げられます。
相手が若々しい場合は、年寄りくさくないものを、既に隠居していてのんびりした時間を過ごされている相手には、相手の健康状態なども考え、日常生活に活用できる実用的なものが良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

京都の器や 夕庵(清水焼・京焼)

京都清水焼の作家もの器でテーブルコーディネート。1000点以上紹介

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 12:27 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第三者が主催する長寿祝い

長寿祝い 人生100年時代
第三者が主催する長寿祝い

祝い膳.jpg

長寿祝いといえば、還暦や古希、米寿などがありますが、お祝いの仕方は、地域や人それぞれによって様々です。
お祝い会の主催者は、本人の子供達など、身内が行うのが一般的です。
本人夫婦と子供達、孫だけで行われる場合も多いですが、本人の兄弟にも声をかけて招待するのも良いでしょう。いずれにしても、身内だけのお祝い会は形式にこだわる必要はありません。皆が楽しい時間を過ごすことができれば良いでしょう。
身内ではない、第三者がお祝い会を主催する場合もあります。本人の友人や教え子、弟子など、親しい間柄の人2、3人で行います。
この場合、出席者は会費制となり、本人夫婦を招待する、といった形が多くなります。どれだけの人に声をかけるのか、席はどのようにするか、などは本人の意見も取り入れて決めていきます。
祝宴では、結婚式と同じような形式で、まずは親しい友人などが祝辞をのべます。その後、歓談となるわけですが、本人にまつわる楽しいエピソードや、孫達からのプレゼント贈呈など、色々とイベントを考えておくと楽しいですね。
ただ、比較的高齢の人が集まる会となるため、宴会は長すぎないように気をつけましょう。皆の様子を見て、食事が終わり、歓談が一通り終わった頃に切り上げるようにします。だらだらと行うことは避けるのがポイントです。
祝宴の最後には、本人から招待客の皆さんへ、感謝の気持ちを伝えてもらいましょう。お礼の品を用意している場合は、帰り際に本人夫婦から直接皆さんに手渡してもらうようにしましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 11:44 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供達が主催する長寿祝い

長寿祝い 人生100年時代
子供達が主催する長寿祝い




長寿大国の日本では、還暦や米寿など、様々な長寿祝いが各地で行われています。
年齢によってお祝いの呼び名が異なり、地域や人それぞれ、お祝いの仕方が違います。

昔はお祝いされる本人が主催者となってお祝い会を開くのが一般的で、現在もそのような形でお祝いを行っている人もいますが、現代では本人の家族や身近な人が主催することが多くなっていますね。

子供が主催者となる場合、子供達と孫、本人夫婦だけでお祝い会を行うという形が多く見られます。
身内だけのお祝い会なので形式にとらわれることなく、皆で楽しい時間を過ごすことができれば良いでしょう。
日にちや場所選びは本人の希望を取り入れましょう。皆が集まりやすい日を選び、食事会を行う場合は本人の好みに合わせた食事を選びましょう。

長寿祝いというと、和食というイメージですが、それもこだわる必要はありません。洋食や中華でも良いですし、きちんとした雰囲気のお店でなくても、皆でのんびりくつろぐことができる馴染みのお店でも良いですよ。

可能であれば、子供と孫だけでなく本人の兄弟も招待しても良いですね。
遠くに住んでいる場合はなかなか難しいかもしれませんが、普段はなかなかゆっくり話す時間のとれない兄弟達を招待すれば、本人もきっと嬉しく思うことでしょう。
お祝い事で良い機会ですので、是非声をかけてみてください。本人には内緒にしておき、サプライズで・・・、なんていうのも楽しいかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 09:03 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーギフトのポイント

長寿祝い 人生百年時代 贈り物
フラワーギフトのポイント



フラワーギフトを贈るのにあたって、いくつかのポイントがあります。
どういうシチュエーションで、誰に、どんなタイプのフラワーギフトを贈るのか、事前に決めておく事が大切です。

例えば、フラワーギフトを贈るシチュエーションとしては、誕生日、記念日、お祝い、お見舞い、などがあります。
記念日などおめでたい場合は、受け取る相手の好みのお花を選べばよいですが、お見舞いの場合はふさわしくない花もありますので注意が必要です。

贈る相手もさまざまですよね。
彼女や妻、母親といった女性から、男性、友人、同僚、子供など、フラワーギフトを贈る相手に喜ばれるように選びたいものです。
受け取る相手をイメージしてみてもよいでしょう。
使うお花の色や種類で、フラワーギフトの雰囲気もかなり変わってきます。
可愛らしい、シック、ゴージャス、さわやか、季節を取り入れたものなど、お花屋さんに相談すれば対応してくれると思います。

フラワーギフトの種類も、花束、フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワー、観葉植物などたくさんありますので、受け取る相手の好みや生活環境に合わせて選ぶ事も大切です。
贈る相手がまめな方なら花束でもいいですし、面倒くさがりの方だったらプリザーブドフラワーなどのお世話のいらないものを選ぶといいと思います。

以上のポイントを踏まえ、事前にどんなフラワーギフトを贈りたいのか決めておくと、実際花選びをする時にあまり時間をかけずにスムーズに決める事ができると思います。




≫フラワーギフト贈り方はこちら≪


posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 08:56 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーギフトとは

長寿祝い フラワーギフト
フラワーギフトとは


ギフトにかかせないフラワーギフト

フラワーギフトとは、その名のとおり贈答用のお花の事です。
フラワーギフトを贈る場合、贈る側はどんな気持ちで贈るのでしょうか?
受け取る相手の喜ぶ顔を想像しながら、贈るお花を選んでいると思います。
それと同時に、贈る側もお花を贈るという事に対して喜びを感じています。

フラワーギフトと聞くと、最初に花束を思い浮かべると思います。
花束というと、セロファンに包まれた両手いっぱいの花束というイメージが強いですが、最近では小ぶりの可愛らしいミニブーケなども店頭で見かけるようなりました。
お花屋さんに、花束をもらう相手の年齢やイメージ、どういうシチュエーションでプレゼントするのかなどをリクエストすると、それに合わせて作ってくれます。
また、フラワーアレンジメントも最近では多く見かけますね。
花束は家に着いたら花瓶に生け直さなければなりませんが、フラワーアレンジメントであればそのままの状態で飾っておけるというのが魅力です。

また、最近人気が出てきているフラワーギフトはプリザーブドフラワーです。
生花に薬品をつけて10年くらいもつようにしたもので、ドライフラワーのように色あせしないのが人気の秘密です。
せっかくの贈り物ですから、長い期間楽しんでもらいたいものですよね。

観葉植物を贈る方も最近では増えています。
生花は毎日お世話をしなければなりませんが、観葉植物ならお世話も楽だし、長い間楽しむ事ができます。
そしてなにより、部屋に観葉植物を置く事で癒しの空間ができあがります。

このように、フラワーギフトといってもたくさんの種類があります。
贈る側は、受け取る相手の好みや生活環境に合わせてお花をプレゼントしたいですね。






posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 08:33 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。