総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

介護保険制度

長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代
介護保険制度

介護資格取得と切っても切り離せないのが、2000年から開始された介護保険制度です。
介護保険制度は、日本の高齢化を受け、社会全体で高齢者を支え、高齢者の生活を守り、自立を支援していく仕組みです。
介護保険の加入は40歳からで、40歳より保険料の支払いが開始されます。
40歳〜64歳までは第2号被保険者、65歳以上は第1号被保険者です。
介護保険のサービスを受けることができるのは、原則65歳からの第1号被保険者となります。
第2号被保険者であっても、がん、脳血管疾患などの特定疾病によって介護が必要となった場合には、サービスを受けることが可能です。
65歳以上の保険料は自治体によって異なります。
さらに収入に応じても保険料は段階別に異なります。
40歳?64歳の保険料は、属している健康保険によって異なり、医療保険料に上乗せして保険料を納めます。

介護サービスを受けるのは、まず要介護(要支援)認定が必要です。
要介護(要支援)認定区分は7段階あり、介護度の低い順に、要支援1・要支援2・要介護1・要介護2・要介護3・要介護4・要介護5、となります。
認定を受けるには、自治体や地域包括支援センターなどで申請を行います。
調査員が自宅や入院先に訪問して、認定調査を行い、主治医の意見書も参考にして判定を行い、約30日後に要介護(要支援)が認定されます。
この介護度に応じて、利用できるサービスやサービスの利用上限額が異なり、介護度が高いほど、上限額が大きくなります。
介護度に応じて、ホームヘルパーさんに訪問してもらう、デイサービスを利用するなどサービスを選択することになります。
サービスの利用者は、1割負担でサービスを受けることができます。
介護資格取得した後は、多くの人がこの介護保険制度によるサービス利用者のための仕事につくことになるのです。
ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

糖尿病とは? 糖尿病 種類糖尿病 現状糖尿病 大合併症糖尿病 チェック糖尿病 検査


posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 11:04 | Comment(0) | 高齢化社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痴呆症[認知症]

長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代 痴呆症
痴呆症[認知症]

成人に達してから、脳の器質的な変化によって起こった知能低下の状態を「痴呆(ちほう)」といいます。
精神疾患の診断の手引きとされている、『精神疾患の分類と診断の手引き』(DSM?4)では、痴呆(現在は、「認知症(にんちしょう)」と呼ばれています)を以下のように分類しています。
1.アルツハイマー型痴呆[認知症]
2.脳血管性痴呆[認知症](のうけっかんせいちほう[にんちしょう])(以前は、多発梗塞性痴呆[認知症](たはつこうそくせいちほう[にんちしょう]))
3.他の一般身体疾患による痴呆[認知症]
4.物質誘発性持続性痴呆[認知症]
5.複数の病院による痴呆[認知症]
6.特定不能の痴呆[認知症]

痴呆[認知症]の主なものは、1.アルツハイマー型痴呆[認知症]と2.脳血管性痴呆[認知症]です。

1.アルツハイマー型痴呆[認知症]とは、脳の老化による脳神経細胞(のうしんけいさいぼう)の変性、委縮(いしゅく)が原因で生じるものです。そのため「老年痴呆[認知症](ろうねんちほう[にんちしょう])」とも呼ばれます。
最初は、ひどい物忘れや記憶の混乱、場所がわからないといった症状があらわれます。その後、物が徐々に認識できなくなったり、言葉がわからなくなるなどの痴呆状態に陥り、やがて死亡します。
残念ながら、根本的な治療法は見つかっていません。

2.脳血管性痴呆[認知症]は、多発梗塞性痴呆[認知症]とも呼ばれ、脳出血(のうしゅっけつ)や脳梗塞(のうこうそく)によって特定部位が障害されたり、小さな梗塞巣(こうそくそう)がたくさんできるために起こり、さまざまな精神障害を起こすものです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙 メタボリック症候群 サプリメントメタボリック症候群 歯との関係メタボリック症候群 睡眠時無呼吸症候群


posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 05:27 | Comment(0) | 高齢化社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五月人形【鎧兜の種類】

長寿祝い 人生100年時代 五月人形
五月人形【鎧兜の種類】



最近では、鎧兜の段飾りは少なくなり、ほとんどが平飾りを購入するようです。コンパクトサイズなら、テレビボードやたんすなどの、家具の上に置くことができます。洋間の場合では、平飾りは床には置けないので、高台飾りが人気です。
鎧兜セットを選ぶ時のポイントは、まず、鎧と兜のどちらにするのかを、決める必要があります。最近は、兜飾りが一般的になっているようです。でも、コンパクトな鎧セットは、バランス良くできており、力強さが伝わってくるので、おすすめです。

「段飾り」は、最近あまり見かけなくなりましたが、これが伝統的な五月飾りです。大きさは、間口90cm、奥行き75cmくらいからです。価格は、10万円くらいのものから、数百万円するものまであります。

「コンパクト飾り」は、置く場所がなくて、困っている人におすすめです。価格は、安いものは3万円くらいからで、作家ものは15〜16万円くらいのものもあります。

「鎧平飾り」は、定番となっており、コンパクトのものから大きなものまで、さまざまな種類があります。価格は、8万円くらいから百万円以上するものもあります。

「兜平飾り」は、一番人気があります。さまざまなサイズがあり、価格は、5万円くらいから数十万円するものなど、いろいろな種類があります。

「高台飾り」は、洋間に最適で、コンパクトなものから豪華なものまで、さまざまなサイズがそろっています。高さのある飾り台で、床にじかに置いても大丈夫です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 17:52 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

糖尿病の治療【高齢者】

長寿祝い人生 100年時代 糖尿病治療
糖尿病の治療【高齢者】

糖尿病の人の数は、最近の調査では、60歳以上の6人に1人という驚くべき数になっています。
また、加齢とともに糖尿病性の合併症が多くなり、いくつもの病気に苦しむ人がたくさんいます。
その他に、高齢者の糖尿病の特徴としては、次のようなものが上げられます。
1.インスリンの効果が加齢とともに低下して、血糖値が高くなる。
2.腎機能の低下で尿糖が血糖値の割に少なく、薬剤の蓄積が起こりやすい。
3.動脈硬化症が、加速度的に進行しやすい。
4.自覚症状が出にくく、異常があっても年のせいにして見落としてしまう。
5.家族への遠慮や諦めなどで、治療への意欲が少なくなる。
6.生活習慣を、なかなか変えられない。

糖尿病の基本的な治療は、高齢者でも若い人と変わらず、よりよいコントロールの維持が大切だということです。
ただ、諸機能が低下していますから、自覚症状が出にくく、異常に気がつきにくいということがあります。
従って血液検査だけでなく、眼底検査や動脈硬化などの検査も定期的に行って、糖尿病を管理することが大切です。
食事療法」がうまくいかない背景には、「食習慣が変えられない」「食品交換表が使いこなせない」「歯や義歯の問題」などがあります。
「運動療法」も、心肺機能や膝関節などに問題を抱えている場合が多くあります。
さらに、「薬物療法」も、「薬の排泄が遅れる」「病気の数に伴って薬の種類が増える」などの問題も出てきます。
また、高齢者の場合、ちょっとしたことで体調を崩し、シックデイになることが多いものです。
しかし、どのような病気でも、大事に至る前に、軽症のうちに治すことがもっとも大切なことです。
高齢であっても、よいコントロール維持に努めていけば、合併症が進展しないだけでなく、精神的にもよいということです。
高齢者だからとあきらめず、まだたくさんある可能性に向かってどんどん挑戦し、納得のいく人生にしていきたいものですね。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 10:23 | Comment(0) | 健康管理 病気予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中高年の健康維持【糖尿病治療】

長寿祝い 人生100年時代 糖尿病
中高年の健康維持【糖尿病治療】

aruku.JPG


厚生労働省が発表した「中高年への調査」では、健康維持に取り組んでいる人は、体の状態が「良くなっている」という回答が多く、糖尿病の人でも「心がけていること」があれば、病状が「良い」と感じる人が増えているということです。
この調査は毎年1回行われており、病気や生活習慣改善への取組みによる健康状態の変化を、分かりやすく示しています。
健康維持のために「心がけていること」があると答えた人の方が、「特にない」という人よりも、状態が良くなる傾向がみられました。
「心がけていること」としては、男性で多いのは「適度な運動」と「食事の量に注意する」で、女性では「食事のバランス」「食事の量に注意する」の割合が多かったです。
高血圧糖尿病などの慢性疾患のある人でも、「心がけていること」が多ければ、自分の体の状態に対する自己評価が高くなります。
病気の治療開始の時期からの病状の変化をみると、「食事や運動」「体重」「休養」「ストレス」など、心がけていることがある人では、病状の変化が「良くなっている」と答える割合が増えます。
一方で、心がけていることが「特にない」という人はどの病気でも、病状は「変わらない」が増え、「良くなっている」は減っています。
糖尿病の治療では、食事と運動を中心とした生活習慣の改善が基本となります。
「食事は腹七〜八分目」「運動を習慣にする」「休養や睡眠を十分にとる」「飲酒は要注意・喫煙は禁止」などが基本です。
これらは糖尿病の人だけでなく、全ての人に勧められるライフスタイルです。
このように「心がけている」人には、必ず、「健康」または「症状の改善」という恩恵がもたらされるのです。
病気や生活習慣、ストレスなどに負けずに、「心がけ」を続けて、楽しく素敵な人生を歩みましょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

メタボリック症候群 高脂血症 メタボリック症候群 生活習慣病 メタボリック症候群 喫煙




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 07:59 | Comment(0) | 健康管理 病気予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いとは

お祝い ギフト プレゼント【文化の細道】
http://bunkano-hosomichi.seesaa.net/
結婚祝いのご祝儀で包んではだめな金額

cup.gif
長寿祝い 人生100年時代:長寿祝いとは
【記事詳細】


人気ブログランキングへ
 


posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 15:23 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。