総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

お父さんに快適な睡眠を贈ろう


  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

お父さんに快適な睡眠を贈ろう
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代



睡眠時間というものは、生きていくうえで大変重要な時間です。
一生の三分の一は、この睡眠時間に費やされるのです。
健康の第一条件にも、睡眠は必須です。そして時間だけでなく睡眠の質も大変重要です。
ただ何時間も眠れば良いというわけではないのです。
そして、より良い睡眠の質を高めるためにも、気持ち良いと感じる寝具はじっくり選びましょう。
父の日の贈り物に寝具を贈ってみませんか?
普段自分で葉買わないような高価な寝具は、もらったお父さんも嬉しいことでしょう。
父の日の、日ごろの感謝を込めて、ぜひ家でゆっくりして欲しいといった気持ちを込めて、父の日に贈りましょう。
最近では「タオルマフラー」という商品を見かけました。



これはタオル生地のマフラーで、その名の通りの商品です。
大衆浴場によく行かれるお父さんはこんなタオル生地のマフラーも、暖かさと実績を兼ねた優れもので嬉しいですよね。
しかし非常におしゃれな感じで、なおかつお手ごろのこのタオルマフラー。
色も豊富なため、一見誰もタオルなどとは思わないのです。
なので、ちょっとしたお出かけにいかがでしょうか。肌触りも良く、暖かさもあるので手放せない一品になるかもしれません。
少々お高いのですが、麻生地のシーツは気持ち良いです。
生地も丈夫で長持ちするため、結果的に元をとるのが麻生地のシーツなのかもしれません。
それに麻は、最初はごわついていますが、使い込むうちに柔らかくなってきます。
夏はシャリ感が気持ち良く涼しく感じます。
麻生地のシーツを使っていると、今まで使っていたシーツが使えなくなるほど、それほどまでに手放せなくなるようです。
この機会にぜひ、父の日に贈ってみましょう。




一流ホテル仕様のタオル専門サイト【Cotton Relief】
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 00:00 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

還暦の「赤い」贈り物




贈り物に、「パジャマ」っていいかも!  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

還暦の「赤い贈り物」
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

長寿祝着・正絹

長寿祝着・正絹

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:


長寿祝いには様々なお祝いがありますが、中でも「還暦」は長寿のお祝いの中でも一番初めのお祝いで、馴染み深いものとなっていますよね。
ですが還暦を迎える60才は、まだまだ現役で頑張っている人が多く、長寿祝いなんて・・・と思う人も少なくないと思いますが、やはり日頃の感謝の気持ちを込めて、お祝いの気持ちを伝えたいものですね。
還暦のお祝いといえば「赤いちゃんちゃんこ」と昔から言われていますが、最近ではちゃんちゃんこではなく、赤色を取り入れたものを贈る人が多いようです。
実用的なものを考えると、やはり衣類ですね。
ですが、赤色が好きな相手なら良いですが、赤色の衣類はやはり年配の方には抵抗があるでしょう。
全くの赤色、というわけでなくても良いのです。どこかにワンポイントとして赤色が使われているものとか、赤ではなく、シックなワイン色やボルドー色、女性ならさわやかなピンク色など、さりげなく赤色を意識した感じのものが良いでしょう。
赤色の衣類を贈りたいなら、外出用ではなく、家の中で着るパジャマはいかがでしょう。普段は買わないような、高級感ある着心地の良いパジャマも良いですね。
また、気心の知れた相手なら、ちょっといたずら心を出して、赤色の下着、なんてのも楽しいかもしれません。
衣類以外の赤いものといえば、赤いバラの花束や、赤ワイン・・・など、考えてみると色々なものがありますよ。
バラは、ブリザーブドフラワーにすれば、いつまでも楽しむことができますね。女性へのプレゼントにぴったりなものになるでしょう。

お誕生日プレゼントに「パジャマ」っていいかも!

 
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 20:34 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いのお花の選び方




バラ市場

momobgyoko.JPG

長寿祝いのお花の選び方
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代


お祝い事のプレゼント、といえば、やはりお花が人気です。
特に女性は、いくつになってもお花のプレゼントは嬉しいものですよね。
還暦や米寿などの長寿祝いのプレゼントとしても、お花はとても人気があります。
還暦なら赤色系、米寿なら黄色系、といったように、それぞれのお祝い色をテーマとしたお花選びをするとお洒落ですね。

人気があるお花は、やはり「バラ」です。色や形も様々で、豪華なイメージのバラは、お祝い事には欠かすことのできないお花ですよね。
その他、赤いお花として「グロリオサ」「ダリア」なども人気がありますよ。
気をつけなければいけないことは、お祝い事に適さないお花もある、ということです。
お花はどれも美しくて素敵なのですが、お花それぞれに一般的に考えられているイメージがあります。思いがけず、悪いイメージのお花もあるので注意しましょう。

菊類
菊には色々な種類があり、可愛らしいものもたくさんあるのですが、やはり仏花をイメージしてしまう人が多いようです。特に大輪の菊は告別式でお供えされるお花なので、お祝い事としては避けた方が良いでしょう。

ネリネ
見た目はとても可愛らしく、色も鮮やかなお花です。どうしてこのお花が?と感じる人も多いかと思いますが、ネリネは年配者の間ではお彼岸の花であるイメージが強いのです。避けた方が無難です。

下向きの花
例えばすずらんのように、可愛らしくても下向きに咲く花は避けた方が良いでしょう。
下を向くお花は、首がたれているイメージを持ってしまう人も多いのです。

その他、ラッピングや花器には黒色のものは使わないようにしましょう。
黒い花器や黒いリボンはモダンな印象でお洒落なのですが、お祝い事のプレゼントとしてはやはり不向きです。
長寿祝いには、赤やピンク、黄色や水色といった、さわやかな落ち着いた印象の色がおすすめです。

バラ市場レインボーローズ

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:23 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝い



momobgyoko.JPG

長寿祝い 人生100年時代

今や日本では人生80年と言われており、100歳を超える長生きをする人が多くなりました。
そんな中、「長寿祝い」を行う機会も多くなってきたのではないでしょうか。
長寿祝いは「敬老祝い」「賀寿」「算賀」とも呼ばれていて、以前は数え年の誕生日に行うことが一般的でした。ですが最近では満年齢で長寿祝いを行う人もいたり、誕生日に限らず、年の初めや敬老の日などに長寿祝いを行ったりと、人それぞれ様々な時期に行っています。

≫長寿祝い:記事の続きはこちら

長寿祝い 人生100年時代
 ┃
 ┣ 長寿祝いの由来
 ┣ 緑寿
 ┣ 米寿と卒寿
 ┣ 白寿と百寿
 ┣ 茶寿と皇寿
 ┣ 100才以上の長寿祝い
 ┣ 長寿祝いの色(1)
    ┗ 長寿祝いの色(2)
 ┣ 本人主催の長寿祝い
    ┣ 子供達が主催する長寿祝い
    ┗ 第三者が主催する長寿祝い
 ┣ 服装とお祝い品
 ┣ 還暦のお祝い品
 ┣ 古希以上のお祝い品
 ┣ のし紙について
 ┣ 内のしと外のし
 ┣ 長寿祝いにカタログギフト
 ┣ お祝い相場
 ┣ 祝い状
 ┣ 祝い状を書く時の注意点
 ┣ 還暦の「赤い」贈り物
 ┣ 人気プレゼント
 ┣ 旅行のプレゼント
 ┣ 様々な長寿祝い
 ┣ 詩のプレゼント
 ┣ プレゼントの選び方
 ┣ 作務衣
 ┣ お花
    ┣ お花の選び方
    ┣ フラワーギフトとは
    ┣ フラワーギフトのポイント
    ┗ 記念日(長寿祝い)のフラワーギフト
 ┣ 食器のプレゼント
 ┗ 父の日にい草のサンダル




携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ






posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 11:05 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「還暦」祝いの品

「還暦」祝いの品

tyantyanko.jpg


長寿祝いといえば、「赤いちゃんちゃんこ」を想像する人は多いですよね。
長寿祝いの中でも特に還暦といえば、本人が赤色の頭巾をかぶり、赤いちゃんちゃんこを着て座布団に座ってお祝いを行うのが一般的でした。
これは、もともと「還暦」「赤ちゃんに還る」という意味があることから始まったことなのです。赤ちゃんから赤いちゃんちゃんこになり、また赤には魔除けの意味もあることから、このような風習が生まれたのです。
長寿祝いはこの還暦の赤いちゃんちゃんこの風習から、古希には紫色のちゃんちゃんこ、米寿には黄色のちゃんちゃんこ・・といった風習も生まれました。

ですが最近では、ちゃんちゃんこを着るという儀式は少なくなってきています。
特に還暦の長寿祝いでは、まだあまり年寄り扱いされたくない、と考える人が多いため、大げさに行わない傾向にあります。

ですが、長寿祝いする側からすると、いくら若々しくても何か感謝の気持ちは伝えておきたいものですよね。
最近の還暦のお祝い品としては、どのようなものが多いのでしょう。

赤いちゃんちゃんこは贈らないとしても、やはり縁起物なので、赤色を取り入れた品が多くなっています。
たとえば、財布などの小物類、スポーツをする人ならスポーツウェアなど、真っ赤ではなく、ワンポイントに赤色が使われていたり、少し渋めのワインレッドのような色の物であったりと、お洒落な品を選んでいる人が多いようです。
女性なら、口紅やアクセサリーなども良いですね。
これからも若々しく、人生を楽しんでください、というような、感謝の気持ちが伝わる品が良いでしょう。



お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 09:31 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いの由来

長寿祝いの由来
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

今や日本では人生80年を超えて100歳という人もめすらしくはなくなり、長寿といわれる長生きをする人が多くなりました。
まさしく、人生100年時代のいう超高齢化社会が到来します。
そんな中、「長寿祝い」を行う機会も多くなってきたのではないでしょうか。
長寿祝い「敬老祝い」「賀寿」「算賀」とも呼ばれていて、以前は数え年の誕生日に行うことが一般的でした。ですが最近では満年齢で行う人もいたり、誕生日に限らず、年の初めや敬老の日などに行ったりと、人それぞれ様々な時期に行っています。
お祝いを行う日にはこだわらず、本人の健康状態に合わせたり、家族や親戚が集まりやすい時期を優先させたりして行う方が良い、ということですね。
長寿祝いは古くから行われていましたが、はるか昔、平安時代では「五八の賀」と呼ばれる長寿祝いが行われていました。この長寿祝い、なんと40才のお祝いでした。現代の40才といえば、まだまだ人生これから!という働き盛りですよね。
その後、50才、60才と10年ごとにお祝いされていたと言われています。
これらの年を考えてみると、厄年にあたります。
長寿祝いの由来は厄払いをするためであった、とも言われているのです。
室町時代になると五八の賀を祝う習慣は薄れ、60才の「還暦」、77才の「喜寿」、88才の「米寿」のお祝いの習慣が一般的となり、それからいくつかの時代を経て現代まで定着しているというわけです。
ですが現代では60才というとまだまだ元気いっぱい、現役の年ですよね。
還暦のお祝いは控えめに行い、本格的な長寿祝い70才の「古希」や喜寿を迎えてからの方が良いかもしれませんね。

長寿祝い 人生100年時代
長寿祝いとは?
緑寿
米寿と卒寿
白寿と百寿
茶寿と皇寿
100才以上の長寿祝い
お祝い色(1)
本人主催の長寿祝い
子供達が主催する長寿祝い
第三者が主催する長寿祝い
長寿祝い 服装とお祝い品
還暦のお祝い品
古希以上のお祝い品
のし紙について
内のしと外のし
長寿祝いの色(2)
長寿祝いにカタログギフト
お祝い相場
祝い状
祝い状を書く時の注意点
還暦の「赤い」贈り物
人気プレゼント
旅行のプレゼント
様々な長寿祝い
詩のプレゼント
プレゼントの選び方
作務衣
お花
お花の選び方
フラワーギフトとは
フラワーギフトのポイント
食器のプレゼント
父の日にい草のサンダル
記念日(長寿祝い)のフラワーギフト

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 06:44 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。