総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

様々な長寿祝い

敬老の日ギフトのオススメ


様々な長寿祝い
長寿祝い 高齢化社会人生 100年時代





長寿のお祝いには様々なものがありますが、「還暦」なら赤い色の贈り物を、「喜寿」なら紫色のものを・・といったように、それぞれのお祝いには色々な慣習があります。
これらの慣習は、地方によって少しずつ異なりますよ。
長寿祝いといえば「還暦」を思い浮かべる人が多いと思いますが、東北地方では米寿のお祝いが広く一般的に行われているようです。色紙に手形を残し、名前と八十八と記した後、米びつに張っておくそうですよ。
北陸地方では、男性の61歳は還暦であると同時に、厄年であるそうです。還暦のお祝いと同時に、厄除けも行われています。
長野県では、「お祝いを行うとお迎えがくるので縁起が悪い」という考えもあり、長寿祝いは行わないという家庭もあるそうですよ。長野県の知人の長寿祝いを考えている人は、一度確認してみると良いですね。

沖縄地方では、数え年61才、73才、85才、97才の年で長寿祝いを行います。
88才の米寿もお祝いがあり、「とーかちすーじ」と呼ばれていますよ。
88才の8月8日に、豆腐を薄く切って揚げた料理「るくーじゅ」を食べてお祝いします。るくーじゅを2枚食べると百二十歳まで長生きできるという言い伝えがあり、縁起の良い食べ物となっています。
97才のお祝いは「かじまやー」と呼ばれ、97才の9月7日にお祝いします。
かじまやーとは風車のことで、お祝いの席では本人に持ってもらうのだそうですよ。
カジマヤー 風車

同じ日本でも様々なお祝いの仕方があり、興味深いですよね。
その土地に合ったお祝いの仕方で、温かくお祝いしてくださいね。






 
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 22:12 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いに「詩」のプレゼント





長寿祝いに「詩」のプレゼント
長寿祝い 高齢化社会人 生100年時代

家族と友に贈る心の言葉マイ・エンディング・ノート

家族と友に贈る心の言葉マイ・エンディング・ノート

  • 作者: 田中 正行
  • 出版社/メーカー: グラフ社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本


長寿祝いの贈り物といえば、衣服や花束、食器類など、様々なものがありますが、「詩」を贈るというのはいかがでしょう。
「詩」と聞いてもピンとこない人も多いですよね。
贈る相手のことを想って作った詩をプレゼントするのですが、詩は自分で作るのは難しいですし、何だか照れくさいものですよね。
相手の名前や伝えたいメッセージを伝えておけば、素敵な詩を作ってくれるサービスがあるのです。
詩の中には、贈る相手の名前を取り入れることもできます。
詩の一文一文の頭文字に名前を一文字ずつ入れていくのです。
最初は自分の名前が入っているとは気づかないのですが、読み終わってから、あれ?とサプライズがあるというわけです。
詩は、味のある書体で筆書きしてくれます。
また、好きなイラストを入れることもできますよ。
長寿祝いに関連するイラスト(干支など)や、相手の好きなもの、写真を送れば似顔絵を入れてくれるところもありますよ。
立派な額縁に入れてくれるので、お部屋に飾っておくととても素敵なインテリアとなります。
気をつけなければいけない点は、製作に少し時間がかかるという点です。
詩を作ってくれるところには色々なところがありますが、たいていのところは、注文してから手元に届くまで、最低でも2〜3週間程度はかかります。
お祝いの日取りが分かったら、なるべく早めに注文しておいた方が良いですね。
世界に1つしかない「詩」のプレゼント。
心に残る素敵なプレゼントとなるでしょう。おすすめです!

両親への感謝状 花飾りBOXタイプ A3タイプ お仕立て券

両親への感謝状 花飾りBOXタイプ A3タイプ お仕立て券

  • 出版社/メーカー: フレックスコーポレーション
  • メディア: おもちゃ&ホビー





posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:32 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いのプレゼントの選び方


    Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

長寿祝いのプレゼントの選び方
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代
父の日プレゼント≫続きはこちら
長寿祝いのプレゼントといえば、以前は「赤いちゃんちゃんこ」と言われていましたが、現在ではちゃんちゃんこをプレゼントとして贈る人は少なくなっており、様々なプレゼントが贈られています。

喜ばれるプレゼントを贈りたい、と思うのだけれど何を贈ったら良いのか分からない、という人は、相手の趣味について考えてみましょう。

アクティブな相手なら、ゴルフやテニス、山登りやウォーキングが趣味という人もいますよね。
例えばゴルフなら、ゴルフウェアやゴルフ道具、皆でゴルフコンペを楽しんでも良いかもしれませんね。
相手の趣味に関するプレゼントなら、喜ばれること間違いなしです。
これからも活き活きと楽しんでくださいね、という気持ちを込めて贈りましょう。
読書や文を書くことが好き、という相手なら万年筆や絵筆、また電子辞書なども良いでしょう。
健康を気にしている相手なら、日傘やひざ掛け、寝具などはいかがでしょう。
普段使うものより、少し高価なものをプレゼントしてみましょう。
注意しなくてはいけない点は、体を気遣うプレゼントだからといって補聴器や老眼鏡などを贈ることです。あからさまに「年寄り扱い」されていると感じられる品物は、贈り物としては不適切だとされているのです。
この他に、「四(死)や九(苦)」を連想させる品物もNGです。
また、靴下や靴などを年配の方に贈るのも失礼にあたるとされています。足に使うものを贈るのは、「踏みつける」ことを連想させるのだそうです。
細かいことは気にしない、という年配の方も多いですが、プレゼントを選ぶ時は、できるだけこのような品は避けた方が良いですね。
父の日プレゼント≫続きはこちら

還暦祝いに60本の赤いバラ

還暦祝いに60本の赤いバラ

  • 出版社/メーカー: ローズガーデン徳島
  • メディア:



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 19:30 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いに「作務衣」




いつまでも元気でいてね♪敬老の日ギフト  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

長寿祝いに「作務衣」
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

長寿祝いのプレゼントに衣類を贈る人は多いかと思いますが、お家でリラックスしてもらいたい、という気持ちを込めて「作務衣」をプレゼントしてみてはいかがでしょう。
作務衣とは、もともとはお寺のお坊さんが着ている作業用の衣類のことです。当時は上衣が膝くらいまである「長作務衣」が一般的だったのですが、現在の作務衣は、上衣とズボンがはっきり分かれています。
最近では和風ブームで浴衣や甚平を着る人が増えていますが、そんなブームの中で、作務衣も密かな人気となっていて、一般の家庭でも広く使われるようになりました。



作務衣は和物を扱う職人さんなどが、素敵に着こなしていますよね。今まで着たことがないからちょっと抵抗があるな・・・と感じてしまう人もいるかと思いますが、作務衣は一度着てみると、その着心地の良さに手離すことができなくなる、という人が多いものです。暑い夏から寒い冬まで、1年中使えるという点も魅力です。長寿祝いのプレゼントとして、最適なものですよ。最近では若い人も、部屋着として愛用している人が多いものです。プレゼントすると同時に自分にも1着、購入してみてはいかがでしょう。

作務衣のデザインや素材は様々ですが、やはり「藍染め」のものが主流です。
藍染めとは、藍という植物を染料とする日本最古の染色技術です。
藍染めをした布がエジプトのピラミッドからも発見されており、約4〜5千年前のものだと言われていますよ。藍染めの歴史は、とっても古いのですね。
藍染めの作務衣以外にも、麻や正絹のものも味わい深いものです。またデニム生地のものもあり、カラーバリエーションもあって人気がありますよ。

デニム 作務衣 2枚組 Lサイズ

値段は5千円程度のものから、5万円ほどのものまで、様々です。
お気に入りの1着を是非見つけてみてくださいね。



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 23:23 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いに「お花」

BunBun!Bee 敬老の日 マスコミも注目のスイーツ  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

長寿祝いに「お花」のプレゼント
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

お祝い事があると、お花のプレゼントを考える人は多いですよね。
還暦や米寿などの長寿祝いについても、やはりお花のプレゼントは人気があります。
お花はいくつになっても、プレゼントされると嬉しいものです。
特に女性に贈る場合は、最適なプレゼントとなるでしょう。
長寿祝いでお花をプレゼントする場合、花束かアレンジメントが一般的です。
花束は豪華なイメージがありますが、家に帰ってからの手軽さを考えると、アレンジメントが良いかもしれませんね。
長寿祝いの場合、お祝いごとにお祝い色が決まっています。
還暦なら赤色、古希や喜寿は紫色、米寿は黄色といった具合なのですが、その色のものをプレゼントしなければいけない、というわけではありません。ですが、お祝い色には相手の健康と幸せを祈る気持ちが込められています。
お花を選ぶ時はこれらのお祝い色を参考にして選ぶと良いですね。





お花屋さんで花束やアレンジメントを依頼する時に、「還暦のお祝いなので赤色のお花を中心に選んでください。」などとお願いすると良いでしょう。
贈る相手に好みの花があってその花を贈りたい、という場合は、ラッピングなどでお祝い色を出してもらうとお洒落ですね。
お花を宅配で贈る場合は、お花が届く時間帯に相手がお家にいるかどうか、確認してから贈るようにしましょう。お花は生ものですから、やはり鮮度が大切です。
できるだけ美しい状態で、相手の手元に届けたいですよね。
メッセージカードも一緒に贈ると、受け取った時の感動もひとしおです。
照れくさいから・・・なんて思わずに、一言でも感謝の気持ちを添えて贈りましょう。



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:12 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の日にできること




京橋ワインリカーショップ
momobgyoko.JPG

父の日にできること
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

今年の父の日に自分ができることは何だろうか・・・・?
毎年毎年頭を悩ませてプレゼントを考える。そろそろ疲れてきたしマンネリ化もしてきている。
もっと何か別にできることがあるのではないだろうか、とも考えますね。
お酒を贈るのも良いでしょう。
そして未成年でなければ一緒にお酒を飲むことが、お父さんにとっては嬉しい父の日のプレゼントとなるでしょう。
お酒の好きなお父さんには健康にも気を使ってもらいたいので、お酒と一緒に健康グッズも贈ってみましょう。
そしてその健康グッズも、お父さんと一緒に試してみるのです。
要するに、健康グッズだけではなく何を贈ったとしても、お父さんと一緒の時間を過ごすことが大切なのだと思います。
普段身の回りのことをしてくれていたのはお母さんです。
なのでどうしても感謝の気持ちがお母さんに注がれがちです。
しかし、お父さんあっての生活なのです。子供の目からは見えないですが、お父さんが大黒柱なのです。
せかせかと働くお母さんばかり見えているので、お母さんをねぎらってしまいがちです。
実際、お母さんもとても大変です。子供のお世話に家事もやり、病気にだってなっていられません。
そんなお母さんは大変だな、と感じるのも子供の愛ですし、お母さんも子供の気持ちが嬉しいでしょう。
しかしお父さんも同じくらい感謝の気持ちを心に込めましょう。
そんな父の日を迎えたお父さんは、きっと明日からもっと頑張れることでしょう。

きっと欲しいワインが見つかる!京橋ワイン 【今だけ6本以上送料無料】
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 12:29 | Comment(0) | 父の日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。