総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

古希以上のお祝い品





momobgyoko.JPG


古希以上のお祝い品
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

長寿祝いには還暦や古希など、様々なお祝いがあります。
長寿大国の日本では、長寿のお祝い会に参加する人も多いかと思いますが、長寿祝いの贈り物に何を選んだら良いのか、悩んでしまう人も多いですよね。

長寿のお祝いといえば還暦や古希、米寿などがありますが、数え年60才で行う還暦は、長寿のお祝いというにはまだまだ早すぎますよね。
本格的な長寿のお祝いは、70才で行われる古希から、と考えている人も多いようです。

長寿祝いの贈り物を考えると、還暦と古希以降のお祝いでは、やはり少し異なってくるようです。
まだまだ現役である還暦では、ゴルフウェアや少し派手目のアクセサリーなど、これからの人生をますます楽しんでもらえるような品を選びます。
古希以上の長寿祝いでは、ゆっくりとした時間を楽しんでもらえるような品を贈ると良いでしょう。
このころになると、体に不調を感じている人も多くなります。
体をいたわるステッキや日傘、ひざ掛けや肩掛け、座椅子などが喜ばれるでしょう。
入退院を繰り返している相手には、文庫本や湯のみが良いかもしれませんね。
古希以上の相手でも、まだまだ元気に趣味を楽しんでいるという人には、趣味にちなんだ品が良いでしょう。
山登りが好き、という相手には帽子や登山用衣類、釣りが好きだという相手には、バッグやカメラ、ベストなどを贈りましょう。
出かけることが好きな人なら、音楽会や演劇のチケットも良いですね。

贈り物としてタブーなものは、腕時計や筆記具などです。
「働く」ということの象徴になるようなものは避けた方が良いでしょう。
余暇の時間を楽しんでください、という気持ちが表れる品選びを心がけましょう。





エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。