総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

「のし紙」について

長寿大国である日本には様々な長寿のお祝いがあります。
お祝い品を贈ることも多いかと思いますが、お祝い品を贈る時は「のし紙」を付けましょう。「のし」とは、祝儀袋などの右上についた紅白の折方のことです。

のしは元々「のしアワビ」のことを意味していました。アワビを干して伸ばしたものを、のしアワビと呼び、昔はお祝い事になると贈答品に添えてよく使われていたのです。
その後、アワビの代わりに昆布や紙が使われるようになり、現代ではのしが印刷された袋をのし袋、紙はのし紙と呼ばれるようになりました。

以前はのし紙に贈り物の内容や数、金額、自分の名前を書いておくのが一般的でしたが、現在では内容や金額まで書くのはやはり抵抗があるため、そこまで書くことはなくなりました。
のしに記す言葉は「表書き」と呼ばれ、長寿祝いの場合は「長寿御祝」「寿福」「祝○○」「○○御祝」などの言葉(○○には還暦や米寿などの言葉が入ります)と名前を書きます。自分の好みの表書きを選んでくださいね。

のし紙には、水引も印刷されています。
水引とは本来贈り物を包む和紙でできたリボンのことですが、のし紙やのし袋には、あらかじめ印刷されています。

水引の結び方には2種類あり、何度も結びなおすことができる「蝶結び」と、一度結べばほどくことができない「結びきり」があります。
「結びきり」は、二度と起きてはいけないこと、例えばお悔やみごとや結婚に使い、「蝶結び」は、何度も繰り返してほしい、という願いを込めてお祝い事に使います。
長寿祝いの場合、次の長寿祝いも行いたい、との願いを込めて、白赤、もしくは金銀の蝶結びの水引を使います。
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。