総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝いの「色」

高齢化が進み、元気なお年寄りが増えている日本では、長寿のお祝いを行う機会も多くなっています。
長寿のお祝いをする時、一番考えてしまうのは、やはり贈り物についてですよね。

長寿のお祝いには還暦や米寿など、様々なものがありますが、それぞれのお祝いについて、決まった祝いの色があります。
ポピュラーな色は、やはり還暦の赤色だと思いますが、その他にも、古希や喜寿は紺色か紫色、傘寿や米寿は黄色、白寿は白色、などとそれぞれに決まっています。

お祝いの品は、それらの色を取り入れた物にするのも良いですが、相手の好みもありますし、なかなか難しいと感じてしまうかもしれませんね。
また、品物ではなく現金で渡す場合は、祝いの色を使うことはできなくなってしまいます。

色なんてあまり考えなくても良いのでは?と思う人もいるかと思いますが、祝いの色は単なるこぎつけだけではなく、相手の健康や幸せを願う、といった意味が込められているのです。

品物で色を表現するのが難しい場合は、祝いの色を使ったメッセージカードなどを品物と一緒に贈ってみてはいかがでしょう。
直接感謝の気持ちを伝えるのは恥ずかしい、などという人にはぴったりではないでしょうか。
自分一人だけでなくても、皆で寄せ書きしたものでも良いですし、お孫さんがいる場合は、祝いの色のカードに子供達が可愛らしい絵を書いて贈っても良いでしょう。
贈り物の品と一緒に、そんな気のきいたものをプレゼントされたら、きっと相手も嬉しくなってしまいますよね。

手軽に作ることができるメッセージカード、おすすめです。
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 22:34 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。