総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝いのお祝い金

近視・乱視・老眼に「パソネットPC-Eye」


長寿祝いのお祝い金
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

自然のささやき水引祝儀袋中空 お祝い事は喜ばしいことですが、気になるのはお祝い金の相場ですよね。
長寿祝いの場合、お祝いの相場はいくらくらいなのでしょう。
長寿のお祝いには、還暦や米寿など、様々なお祝いがありますが、基本的にどのお祝いでもお祝い金は同じです。
結婚式のような決まった相場はなく、全体の平均額は5千円〜3万円と幅広いものとなっています。
お祝い金は贈る相手によって異なります。目安としては、両親に贈る場合は2〜3万円、祖父や祖母に贈る場合は1〜3万円、叔父や叔母などに贈る場合は5千円〜1万円程度となっています。
ですが地域によっても異なりますし、各家庭の中であらかじめ取り決めがあるかもしれません。同じ立場の人と話し合い、金額を合わせておくと安心ですね。
また「子供達一同」「孫一同」などと称して、皆で同じ額ずつ出し合って、合わせて高価なものを贈るというのも良い方法です。
最近では、食事をしながらのお祝い会も多いようです。この場合、お祝い金や品物の他に、食事代も必要になりますよね。
お家で開く場合は仕出し料理などを利用することになると思いますが、その場合の料理代は5千円程度が一般的です。
ホテルや料亭でのお祝い会の場合は、1万円程度のコース料理が一般的なようです。
お酒やジュースなどの飲み物代は含まれていないので、別途必要になります。
お祝いされる本人夫婦は招待とする場合が多いので、食事代をどうするか、事前に決めておく必要がありますね。
お金のことはなかなか難しいですが、お祝い会を開く前に、きちんと話し合って、しっかり決めておきましょう。

フィット・フォー・ライフ ――健康長寿には「不滅の原則」があった!

フィット・フォー・ライフ ――健康長寿には「不滅の原則」があった!

  • 作者: ハーヴィー・ダイアモンド
  • 出版社/メーカー: グスコー出版
  • 発売日: 2006/04/08
  • メディア: 単行本





posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 20:35 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。