総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

祝い状を書く時の注意点

おいしいものが食べたい。あのひとに贈りたい
<京都の和菓子 京みずは>


祝い状を書く時の注意点
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

お祝い事といえば合格や昇進、結婚や出産など様々なものがありますが、親しい友人や知人、親戚などにこのようなお祝い事があった場合、気持ちの伝わる祝い状を贈りましょう。
長寿大国の日本では、長寿のお祝いも多く行われていますが、還暦や米寿などの様々な長寿祝いについても、お祝いの品と共に、祝い状を贈るのが一般的です。
祝い状を贈る時は、なるべく早く贈ることがポイントです。
吉報を受け取ったら、早めに祝い状の準備をしましょう。

短い手紙はがき一筆箋―お祝い状からおわび状までそのまま使える294文例 (主婦の友基本マナーBOOKS)

考えてしまうのが、祝い状の内容だと思いますが、まずは素直に祝福する言葉から書き出しましょう。
時候のあいさつや、相手の安否を気遣う言葉が先では?と思う方もいるかと思いますが、祝い状の場合、早くお祝いの喜びを伝えたい!という強い気持ちを表すため、最初からお祝いの言葉でも構いません。
ですが、目上の人などに贈る祝い状の場合、やはり形式を大事にした方が良いでしょう。他の手紙と同様、時候のあいさつを添え、なかなか会えない相手には、安否を気遣う言葉を記しておきましょう。

祝い状を書く上で、もう1つ注意しておかなければいけないことは、「忌み言葉」は使わないということです。
最近では、悪意がこもっているものでなければ気にならない、という人も多いですが、年配の方に贈ることになる長寿祝いの祝い状では、特に気をつける必要があります。
冗談としても、使うことは避けておきましょう。

長寿祝いの忌み言葉には以下のようなものがありますよ。
・枯れる
・折れる
・転ぶ
・衰える
・崩れる
・すたる
・四


普通に考えれば、決して使うことのない言葉だと思いますが、相手に対してではなく、自分に対しての言葉であっても、祝い状の中での使用は避けるようにしましょう。



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:32 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。