総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

様々な長寿祝い

敬老の日ギフトのオススメ


様々な長寿祝い
長寿祝い 高齢化社会人生 100年時代





長寿のお祝いには様々なものがありますが、「還暦」なら赤い色の贈り物を、「喜寿」なら紫色のものを・・といったように、それぞれのお祝いには色々な慣習があります。
これらの慣習は、地方によって少しずつ異なりますよ。
長寿祝いといえば「還暦」を思い浮かべる人が多いと思いますが、東北地方では米寿のお祝いが広く一般的に行われているようです。色紙に手形を残し、名前と八十八と記した後、米びつに張っておくそうですよ。
北陸地方では、男性の61歳は還暦であると同時に、厄年であるそうです。還暦のお祝いと同時に、厄除けも行われています。
長野県では、「お祝いを行うとお迎えがくるので縁起が悪い」という考えもあり、長寿祝いは行わないという家庭もあるそうですよ。長野県の知人の長寿祝いを考えている人は、一度確認してみると良いですね。

沖縄地方では、数え年61才、73才、85才、97才の年で長寿祝いを行います。
88才の米寿もお祝いがあり、「とーかちすーじ」と呼ばれていますよ。
88才の8月8日に、豆腐を薄く切って揚げた料理「るくーじゅ」を食べてお祝いします。るくーじゅを2枚食べると百二十歳まで長生きできるという言い伝えがあり、縁起の良い食べ物となっています。
97才のお祝いは「かじまやー」と呼ばれ、97才の9月7日にお祝いします。
かじまやーとは風車のことで、お祝いの席では本人に持ってもらうのだそうですよ。
カジマヤー 風車

同じ日本でも様々なお祝いの仕方があり、興味深いですよね。
その土地に合ったお祝いの仕方で、温かくお祝いしてくださいね。






 
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 22:12 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。