総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

100才以上の長寿祝い




長寿祝いには様々なものがありますが、数え年60才で行われる「還暦」のお祝いは、実際には長寿祝いというには早すぎる年齢ですよね。

日本人の寿命はどんどん長くなっていて、2008年の発表では男性の平均寿命は79.19才、女性は85.99才です。

100才を迎える人も珍しくはなく、100才以降の長寿祝いもいくつかありますよ。
108才のお祝いは「茶寿(ちゃじゅ)」、111才では「王寿(おうじゅ)」や「川寿(せんじゅ)」、「皇寿(こうじゅ)」などと呼び名が付いています。

112才では「珍寿(ちんじゅ)」などと呼ばれることもありますよ。
ここまで長生きされる人は「珍しい」という意味から、そのような呼び名が付いたようです。

118才のお祝いにも特定の呼び名があり、「天寿(てんじゅ)」と呼ばれています。
「天」という漢字を分けると「一・一・八」ですよね。ということで、118才のお祝いとして伝えられているようです。

120才になると「大還暦(だいかんれき)」と呼ばれます。
60才は「還暦」と呼ばれますが、大還暦は還暦を2周することを意味しています。
とはいっても大還暦を迎える人は、世界でも本当に珍しく、日本では「泉重千代」さんがただ一人、達成しています。
その他には、フランスのジャンヌ・カルマンさんという女性が122才まで生きたという報告があります。
インドなどにも120才を超えた人がいるという情報もありますが、出生の記録が曖昧で、はっきりしていないのが現状です。

60才の還暦からさらに60年!本当にすごい記録ですよね。

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 08:39 | Comment(0) | 100歳以上の長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。