総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝いのお祝い色


贈り物で悩んだらトゥーユー。一見の価値アリ!

最近では長生きされる人が多く、長寿祝いを行う機会も増えていますね。
一言で「長寿祝い」と言っても、年によって呼び名が異なり、様々なお祝いがあります。
お祝いごとに、それぞれお祝いの色が決まっていますよ。
長寿祝いの品選びに困った時は、そのお祝いの色を考えてみましょう。
お祝いテーマの色に合わせた品物なら、より一層喜んでもらえることと思います。

代表的な長寿祝いは「還暦」ですよね。
還暦の色は「赤色」です。還暦は、再び生まれた時に帰る、という意味があります。
昔、魔除けのために、赤ちゃんに赤色の産着が着せられたことから、赤色がテーマ色となりました。

2002年に生まれた、65才のお祝いである「緑寿」のテーマ色は、名前の通り「緑」です。これは、環境をテーマとしているそうですよ。美しい自然の緑を表しているのですね。

70才、77才のお祝いは「古希」と「喜寿」です。
どちらのお祝いもテーマ色は「紺色」、もしくは「紫色」です。
紺色や紫色は、気品があって優雅な印象を受けますよね。
かつて律令時代の日本では、高位を表す色として使われていましたよ。

80才、88才、90才のお祝いは「傘寿」「米寿」「卒寿」です。
これらのテーマ色は「黄色」です。
古代の中国では、皇帝や皇位を表す色として使われていました。

99才の「白寿」、100才の「皇寿」のお祝いのテーマ色は「白色」です。
その後、100才以上のお祝いには基本的にテーマ色はありません。
色にこだわらず、自由にお祝いの品を選んでくださいね。




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 10:53 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。