総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝いの服装とお祝い品

長寿祝い 人生100年時代
長寿祝いの服装とお祝い品



黒天目ウサギ箸置き

長寿祝いには様々なものがありますが、長寿大国とされる日本では、そのようなお祝い会に参加する機会が増えていくことと思います。
長寿のお祝い会に招待されたけれど、参加したことがないのでどうしたら良いのか分からない・・・と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。基本的に、参加する上で特に決まりごとはありません。ですがやはり、参加するにあたっては、礼儀をわきまえておきたいですよね。
気になることといえば、服装とお祝いの品についてでしょうか。
まず服装ですが、これはあまり気にする必要はありません。ですが、お祝い会の規模と開かれる場所によって少し異なります。
自宅や小さな料亭などで、身内を中心に行われる場合は、少しお洒落をする程度で良いでしょう。デパートへお出かけする程度のお洒落着で十分です。
ホテルなどで行われる場合は、男性はスーツ、女性はスーツやドレッシーな衣装が良いでしょう。着物の場合は、派手すぎないものを選び、無地か小紋のものにしておきましょう。
お祝いの品は、人それぞれ、様々な形があります。


草花豆皿5枚セット6cm角いちかわ作


会費制のお祝い会に招待された場合は、会費の中に贈り物代が含まれている場合があります。その場合は、特別用意する必要はありません。招待状などに事前にその旨が書いてあるかと思いますが、どちらか分からない場合は確認しておくと良いでしょう。
贈り物が含まれていない場合、または感謝の気持ちを伝える品を贈りたい、という場合は、どんな物が良いでしょう。
手軽なものとしては、湯のみなどの食器類、衣服、旅行券などが挙げられます。
相手が若々しい場合は、年寄りくさくないものを、既に隠居していてのんびりした時間を過ごされている相手には、相手の健康状態なども考え、日常生活に活用できる実用的なものが良いでしょう。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

京都の器や 夕庵(清水焼・京焼)

京都清水焼の作家もの器でテーブルコーディネート。1000点以上紹介

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 12:27 | Comment(0) | 長寿祝い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。