総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

腰痛の基本的な原因

現代病の一つとも言われている腰痛、この痛みに悩まされている方は多いのではないでしょうか。
そもそも腰痛はなぜおこるのでしょう。

腰痛は現代病と言われていますが、果たしてそうなのでしょうか。
実は、人類が二足歩行を始めてから腰痛が起こるようになったとも言われています。
動物は、四つん這いで歩くことで、体の負担を分散させ、自然と体全体のバランスを整えており、動物には腰痛はないと言われています。
そして、人の二足歩行という進化により、私達は、体を下半身だけで支えることになりました。
これは下半身に倍以上の負担がかかります。
特に腰は、体を支える中心とも言われており、私達の体は予想以上に悲鳴をあげることになりました。

長い歴史のある腰痛ですが、昔の人々は腰痛に悩まれている方は少なかったようです。
それは何でも手間暇かけて自分の力で行っていたからだと言われています。
自分の足で歩き、家事や肉体労働をすることで腰を鍛えていました。
そのため腰痛に悩まれている方は少なかったようです。

現代の便利な社会は、まさに腰痛の原因がたくさんあると言われています。
ほとんど歩かなくても目的地に着くことのできる交通機関の発展、全自動洗濯機、簡単に湧かせるお風呂などの家事の簡略化、パソコンなどのコンピューターの進化など、私達の便利な生活が益々腰痛持ちの人々を増やしているのです。
ストレッチ、ヨガなど腰痛予防の対策がたくさん謳われていますが、まずは昔の人々の生活を参考にし、自分の生活を見直してみるのもいいのかもしれません。



スタミナ不足や冷え性の方にはコレ!『黒にんにくサプリ』

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 22:27 | Comment(0) | 腰痛(腰の痛み克服) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。