総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝いに「詩」のプレゼント





長寿祝いに「詩」のプレゼント
長寿祝い 高齢化社会人 生100年時代

家族と友に贈る心の言葉マイ・エンディング・ノート

家族と友に贈る心の言葉マイ・エンディング・ノート

  • 作者: 田中 正行
  • 出版社/メーカー: グラフ社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 単行本


長寿祝いの贈り物といえば、衣服や花束、食器類など、様々なものがありますが、「詩」を贈るというのはいかがでしょう。
「詩」と聞いてもピンとこない人も多いですよね。
贈る相手のことを想って作った詩をプレゼントするのですが、詩は自分で作るのは難しいですし、何だか照れくさいものですよね。
相手の名前や伝えたいメッセージを伝えておけば、素敵な詩を作ってくれるサービスがあるのです。
詩の中には、贈る相手の名前を取り入れることもできます。
詩の一文一文の頭文字に名前を一文字ずつ入れていくのです。
最初は自分の名前が入っているとは気づかないのですが、読み終わってから、あれ?とサプライズがあるというわけです。
詩は、味のある書体で筆書きしてくれます。
また、好きなイラストを入れることもできますよ。
長寿祝いに関連するイラスト(干支など)や、相手の好きなもの、写真を送れば似顔絵を入れてくれるところもありますよ。
立派な額縁に入れてくれるので、お部屋に飾っておくととても素敵なインテリアとなります。
気をつけなければいけない点は、製作に少し時間がかかるという点です。
詩を作ってくれるところには色々なところがありますが、たいていのところは、注文してから手元に届くまで、最低でも2〜3週間程度はかかります。
お祝いの日取りが分かったら、なるべく早めに注文しておいた方が良いですね。
世界に1つしかない「詩」のプレゼント。
心に残る素敵なプレゼントとなるでしょう。おすすめです!

両親への感謝状 花飾りBOXタイプ A3タイプ お仕立て券

両親への感謝状 花飾りBOXタイプ A3タイプ お仕立て券

  • 出版社/メーカー: フレックスコーポレーション
  • メディア: おもちゃ&ホビー





posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:32 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いのプレゼントの選び方


    Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

長寿祝いのプレゼントの選び方
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代
父の日プレゼント≫続きはこちら
長寿祝いのプレゼントといえば、以前は「赤いちゃんちゃんこ」と言われていましたが、現在ではちゃんちゃんこをプレゼントとして贈る人は少なくなっており、様々なプレゼントが贈られています。

喜ばれるプレゼントを贈りたい、と思うのだけれど何を贈ったら良いのか分からない、という人は、相手の趣味について考えてみましょう。

アクティブな相手なら、ゴルフやテニス、山登りやウォーキングが趣味という人もいますよね。
例えばゴルフなら、ゴルフウェアやゴルフ道具、皆でゴルフコンペを楽しんでも良いかもしれませんね。
相手の趣味に関するプレゼントなら、喜ばれること間違いなしです。
これからも活き活きと楽しんでくださいね、という気持ちを込めて贈りましょう。
読書や文を書くことが好き、という相手なら万年筆や絵筆、また電子辞書なども良いでしょう。
健康を気にしている相手なら、日傘やひざ掛け、寝具などはいかがでしょう。
普段使うものより、少し高価なものをプレゼントしてみましょう。
注意しなくてはいけない点は、体を気遣うプレゼントだからといって補聴器や老眼鏡などを贈ることです。あからさまに「年寄り扱い」されていると感じられる品物は、贈り物としては不適切だとされているのです。
この他に、「四(死)や九(苦)」を連想させる品物もNGです。
また、靴下や靴などを年配の方に贈るのも失礼にあたるとされています。足に使うものを贈るのは、「踏みつける」ことを連想させるのだそうです。
細かいことは気にしない、という年配の方も多いですが、プレゼントを選ぶ時は、できるだけこのような品は避けた方が良いですね。
父の日プレゼント≫続きはこちら

還暦祝いに60本の赤いバラ

還暦祝いに60本の赤いバラ

  • 出版社/メーカー: ローズガーデン徳島
  • メディア:



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 19:30 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いに「作務衣」




いつまでも元気でいてね♪敬老の日ギフト  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

長寿祝いに「作務衣」
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

長寿祝いのプレゼントに衣類を贈る人は多いかと思いますが、お家でリラックスしてもらいたい、という気持ちを込めて「作務衣」をプレゼントしてみてはいかがでしょう。
作務衣とは、もともとはお寺のお坊さんが着ている作業用の衣類のことです。当時は上衣が膝くらいまである「長作務衣」が一般的だったのですが、現在の作務衣は、上衣とズボンがはっきり分かれています。
最近では和風ブームで浴衣や甚平を着る人が増えていますが、そんなブームの中で、作務衣も密かな人気となっていて、一般の家庭でも広く使われるようになりました。



作務衣は和物を扱う職人さんなどが、素敵に着こなしていますよね。今まで着たことがないからちょっと抵抗があるな・・・と感じてしまう人もいるかと思いますが、作務衣は一度着てみると、その着心地の良さに手離すことができなくなる、という人が多いものです。暑い夏から寒い冬まで、1年中使えるという点も魅力です。長寿祝いのプレゼントとして、最適なものですよ。最近では若い人も、部屋着として愛用している人が多いものです。プレゼントすると同時に自分にも1着、購入してみてはいかがでしょう。

作務衣のデザインや素材は様々ですが、やはり「藍染め」のものが主流です。
藍染めとは、藍という植物を染料とする日本最古の染色技術です。
藍染めをした布がエジプトのピラミッドからも発見されており、約4〜5千年前のものだと言われていますよ。藍染めの歴史は、とっても古いのですね。
藍染めの作務衣以外にも、麻や正絹のものも味わい深いものです。またデニム生地のものもあり、カラーバリエーションもあって人気がありますよ。

デニム 作務衣 2枚組 Lサイズ

値段は5千円程度のものから、5万円ほどのものまで、様々です。
お気に入りの1着を是非見つけてみてくださいね。



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 23:23 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

還暦の「赤い」贈り物




贈り物に、「パジャマ」っていいかも!  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

還暦の「赤い贈り物」
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

長寿祝着・正絹

長寿祝着・正絹

  • 出版社/メーカー:
  • メディア:


長寿祝いには様々なお祝いがありますが、中でも「還暦」は長寿のお祝いの中でも一番初めのお祝いで、馴染み深いものとなっていますよね。
ですが還暦を迎える60才は、まだまだ現役で頑張っている人が多く、長寿祝いなんて・・・と思う人も少なくないと思いますが、やはり日頃の感謝の気持ちを込めて、お祝いの気持ちを伝えたいものですね。
還暦のお祝いといえば「赤いちゃんちゃんこ」と昔から言われていますが、最近ではちゃんちゃんこではなく、赤色を取り入れたものを贈る人が多いようです。
実用的なものを考えると、やはり衣類ですね。
ですが、赤色が好きな相手なら良いですが、赤色の衣類はやはり年配の方には抵抗があるでしょう。
全くの赤色、というわけでなくても良いのです。どこかにワンポイントとして赤色が使われているものとか、赤ではなく、シックなワイン色やボルドー色、女性ならさわやかなピンク色など、さりげなく赤色を意識した感じのものが良いでしょう。
赤色の衣類を贈りたいなら、外出用ではなく、家の中で着るパジャマはいかがでしょう。普段は買わないような、高級感ある着心地の良いパジャマも良いですね。
また、気心の知れた相手なら、ちょっといたずら心を出して、赤色の下着、なんてのも楽しいかもしれません。
衣類以外の赤いものといえば、赤いバラの花束や、赤ワイン・・・など、考えてみると色々なものがありますよ。
バラは、ブリザーブドフラワーにすれば、いつまでも楽しむことができますね。女性へのプレゼントにぴったりなものになるでしょう。

お誕生日プレゼントに「パジャマ」っていいかも!

 
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 20:34 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いのお花の選び方




バラ市場

momobgyoko.JPG

長寿祝いのお花の選び方
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代


お祝い事のプレゼント、といえば、やはりお花が人気です。
特に女性は、いくつになってもお花のプレゼントは嬉しいものですよね。
還暦や米寿などの長寿祝いのプレゼントとしても、お花はとても人気があります。
還暦なら赤色系、米寿なら黄色系、といったように、それぞれのお祝い色をテーマとしたお花選びをするとお洒落ですね。

人気があるお花は、やはり「バラ」です。色や形も様々で、豪華なイメージのバラは、お祝い事には欠かすことのできないお花ですよね。
その他、赤いお花として「グロリオサ」「ダリア」なども人気がありますよ。
気をつけなければいけないことは、お祝い事に適さないお花もある、ということです。
お花はどれも美しくて素敵なのですが、お花それぞれに一般的に考えられているイメージがあります。思いがけず、悪いイメージのお花もあるので注意しましょう。

菊類
菊には色々な種類があり、可愛らしいものもたくさんあるのですが、やはり仏花をイメージしてしまう人が多いようです。特に大輪の菊は告別式でお供えされるお花なので、お祝い事としては避けた方が良いでしょう。

ネリネ
見た目はとても可愛らしく、色も鮮やかなお花です。どうしてこのお花が?と感じる人も多いかと思いますが、ネリネは年配者の間ではお彼岸の花であるイメージが強いのです。避けた方が無難です。

下向きの花
例えばすずらんのように、可愛らしくても下向きに咲く花は避けた方が良いでしょう。
下を向くお花は、首がたれているイメージを持ってしまう人も多いのです。

その他、ラッピングや花器には黒色のものは使わないようにしましょう。
黒い花器や黒いリボンはモダンな印象でお洒落なのですが、お祝い事のプレゼントとしてはやはり不向きです。
長寿祝いには、赤やピンク、黄色や水色といった、さわやかな落ち着いた印象の色がおすすめです。

バラ市場レインボーローズ

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:23 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食器のプレゼント

心に残るオンリーワンギフト
食器のプレゼント
http://kokoronokoruone.seesaa.net/article/114444909.html
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 20:25 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フラワーギフトのポイント

長寿祝い 人生百年時代 贈り物
フラワーギフトのポイント



フラワーギフトを贈るのにあたって、いくつかのポイントがあります。
どういうシチュエーションで、誰に、どんなタイプのフラワーギフトを贈るのか、事前に決めておく事が大切です。

例えば、フラワーギフトを贈るシチュエーションとしては、誕生日、記念日、お祝い、お見舞い、などがあります。
記念日などおめでたい場合は、受け取る相手の好みのお花を選べばよいですが、お見舞いの場合はふさわしくない花もありますので注意が必要です。

贈る相手もさまざまですよね。
彼女や妻、母親といった女性から、男性、友人、同僚、子供など、フラワーギフトを贈る相手に喜ばれるように選びたいものです。
受け取る相手をイメージしてみてもよいでしょう。
使うお花の色や種類で、フラワーギフトの雰囲気もかなり変わってきます。
可愛らしい、シック、ゴージャス、さわやか、季節を取り入れたものなど、お花屋さんに相談すれば対応してくれると思います。

フラワーギフトの種類も、花束、フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワー、観葉植物などたくさんありますので、受け取る相手の好みや生活環境に合わせて選ぶ事も大切です。
贈る相手がまめな方なら花束でもいいですし、面倒くさがりの方だったらプリザーブドフラワーなどのお世話のいらないものを選ぶといいと思います。

以上のポイントを踏まえ、事前にどんなフラワーギフトを贈りたいのか決めておくと、実際花選びをする時にあまり時間をかけずにスムーズに決める事ができると思います。




≫フラワーギフト贈り方はこちら≪


posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 08:56 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古希以上のお祝い品





momobgyoko.JPG


古希以上のお祝い品
長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代

長寿祝いには還暦や古希など、様々なお祝いがあります。
長寿大国の日本では、長寿のお祝い会に参加する人も多いかと思いますが、長寿祝いの贈り物に何を選んだら良いのか、悩んでしまう人も多いですよね。

長寿のお祝いといえば還暦や古希、米寿などがありますが、数え年60才で行う還暦は、長寿のお祝いというにはまだまだ早すぎますよね。
本格的な長寿のお祝いは、70才で行われる古希から、と考えている人も多いようです。

長寿祝いの贈り物を考えると、還暦と古希以降のお祝いでは、やはり少し異なってくるようです。
まだまだ現役である還暦では、ゴルフウェアや少し派手目のアクセサリーなど、これからの人生をますます楽しんでもらえるような品を選びます。
古希以上の長寿祝いでは、ゆっくりとした時間を楽しんでもらえるような品を贈ると良いでしょう。
このころになると、体に不調を感じている人も多くなります。
体をいたわるステッキや日傘、ひざ掛けや肩掛け、座椅子などが喜ばれるでしょう。
入退院を繰り返している相手には、文庫本や湯のみが良いかもしれませんね。
古希以上の相手でも、まだまだ元気に趣味を楽しんでいるという人には、趣味にちなんだ品が良いでしょう。
山登りが好き、という相手には帽子や登山用衣類、釣りが好きだという相手には、バッグやカメラ、ベストなどを贈りましょう。
出かけることが好きな人なら、音楽会や演劇のチケットも良いですね。

贈り物としてタブーなものは、腕時計や筆記具などです。
「働く」ということの象徴になるようなものは避けた方が良いでしょう。
余暇の時間を楽しんでください、という気持ちが表れる品選びを心がけましょう。





エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 21:00 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長寿祝いの服装とお祝い品

長寿祝いには様々なものがありますが、長寿大国とされる日本では、そのようなお祝い会に参加する機会が増えていくことと思います。

長寿のお祝い会に招待されたけれど、参加したことがないのでどうしたら良いのか分からない・・・と考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
基本的に、参加する上で特に決まりごとはありません。ですがやはり、参加するにあたっては、礼儀をわきまえておきたいですよね。
気になることといえば、服装とお祝いの品についてでしょうか。

まず服装ですが、これはあまり気にする必要はありません。ですが、お祝い会の規模と開かれる場所によって少し異なります。

自宅や小さな料亭などで、身内を中心に行われる場合は、少しお洒落をする程度で良いでしょう。デパートへお出かけする程度のお洒落着で十分です。
ホテルなどで行われる場合は、男性はスーツ、女性はスーツやドレッシーな衣装が良いでしょう。着物の場合は、派手すぎないものを選び、無地か小紋のものにしておきましょう。

お祝いの品は、人それぞれ、様々な形があります。
会費制のお祝い会に招待された場合は、会費の中に贈り物代が含まれている場合があります。その場合は、特別用意する必要はありません。招待状などに事前にその旨が書いてあるかと思いますが、どちらか分からない場合は確認しておくと良いでしょう。

贈り物が含まれていない場合、または感謝の気持ちを伝える品を贈りたい、という場合は、どんな物が良いでしょう。
手軽なものとしては、湯のみなどの食器類、衣服、旅行券などが挙げられます。
相手が若々しい場合は、年寄りくさくないものを、既に隠居していてのんびりした時間を過ごされている相手には、相手の健康状態なども考え、日常生活に活用できる実用的なものが良いでしょう。
posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 20:00 | Comment(0) | 贈り物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。