総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

長寿祝い「米寿」と「卒寿」




長寿大国の日本では、様々な長寿のお祝いが行われています。

人生で最初の長寿祝いと呼ばれているのは数え年61才で行われる「還暦」ですが、60代で長寿祝いというのは、実際にはまだまだ早い気がしますよね。

77才で行われる「古希(こき)」、80才の「傘寿(さんじゅ)」あたりから、長寿祝いとして本格的になってくると思いますが、古希や傘寿は、若い人の中には聞きなれない言葉だと考えている人もいるようです。

長寿祝いとしてポピュラーだと思われるお祝いは、やはり「還暦」と「米寿」ではないでしょうか。

米寿(べいじゅ)は、88才で行われるお祝いです。

傘寿と同じように、「米」という感じをくずして書いてみると、縦書きで「八十八」と読めることから、88才の年のお祝いは「米寿」と呼ばれるようになりました。
縁起の良い8が2つ並び、おめでたい年ですね。
いくつかの長寿のお祝いの中でも、本格的な長寿の祝いとして特に盛大に行われることが多いようですよ。

米寿のお祝いから2年たつと、今度は90才で行われる「卒寿(そつじゅ)」になります。

「卒」という漢字の略字が「卆」という字で、まさに「九十」と読めることから、90才の年のお祝いは「卒寿」と呼ばれるようになりました。

「人生を卒業すること?」などと考えてしまう人も多いようですが、決してそんな意味ではありませんよ。長寿大国と呼ばれる日本でも、100才まであと10年という年まで長生きできるということは、尊敬の念を抱くにふさわしいですよね。

これからもより一層元気に輝いてもらえるように、さらに長生きされることを祈ってお祝いしましょう。



posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 13:29 | Comment(0) | 長寿祝い 「米寿」と「卒寿」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。