総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

「米州」の五月人形

長寿祝い 高齢化社会 人生100年時代 五月人形
「米州」の五月人形





「米洲」は、国に認められた唯一の技で、1966年に無形文化財に指定されました。米洲は、人形の理想的な顔は、純粋な幼い子どもの顔であるとして、愛であふれる仏様にも通じるような、ふくよかな顔をした人形を製作しています。

「大将飾り」は、大将姿をした武者人形です。中心に武者人形を立たせ、弓と太刀を両脇に飾ります。勇ましく、高貴な姿の武者人形には、米洲の優れた技術が遺憾なく発揮されています。高い芸術性の趣のあるお人形で、とても人気があります。価格は、210,000円?1,260,000円です。

「桃太郎」は、日本五大昔ばなしの1つである「桃太郎」の五月人形です。心が優しくて、たくましい桃太郎は、米洲のお人形の中でも大変人気があります。米洲が製作する桃太郎人形は、白く滑らかなで肌の円満なお顔に、涼やかなりりしい目で、とても健やかなお人形です。価格は、39,900円?399,000円です。

「神天」は、大和の国に平安を招いた、英雄・神武天皇のお姿を表しています。また、「鐘馗」も英雄の1人とされており、厄除けの神様として崇められています。価格は、126,000円?1,890,000円です。

「鎧兜」は、労働大臣から卓越技術能力者として表彰された粟田口清信や、その他の著名作家が製作したものです。丹念込めて組み立てられた、優美で力強い京甲冑は、まさに、この上もない宝物のようです。価格は、63,000円?3,675,000円です。

posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 14:04 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五月人形【鎧兜の種類】

長寿祝い 人生100年時代 五月人形
五月人形【鎧兜の種類】



最近では、鎧兜の段飾りは少なくなり、ほとんどが平飾りを購入するようです。コンパクトサイズなら、テレビボードやたんすなどの、家具の上に置くことができます。洋間の場合では、平飾りは床には置けないので、高台飾りが人気です。
鎧兜セットを選ぶ時のポイントは、まず、鎧と兜のどちらにするのかを、決める必要があります。最近は、兜飾りが一般的になっているようです。でも、コンパクトな鎧セットは、バランス良くできており、力強さが伝わってくるので、おすすめです。

「段飾り」は、最近あまり見かけなくなりましたが、これが伝統的な五月飾りです。大きさは、間口90cm、奥行き75cmくらいからです。価格は、10万円くらいのものから、数百万円するものまであります。

「コンパクト飾り」は、置く場所がなくて、困っている人におすすめです。価格は、安いものは3万円くらいからで、作家ものは15〜16万円くらいのものもあります。

「鎧平飾り」は、定番となっており、コンパクトのものから大きなものまで、さまざまな種類があります。価格は、8万円くらいから百万円以上するものもあります。

「兜平飾り」は、一番人気があります。さまざまなサイズがあり、価格は、5万円くらいから数十万円するものなど、いろいろな種類があります。

「高台飾り」は、洋間に最適で、コンパクトなものから豪華なものまで、さまざまなサイズがそろっています。高さのある飾り台で、床にじかに置いても大丈夫です。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




posted by 長寿祝い 高齢化社会 記録の細道 at 17:52 | Comment(0) | 五月人形 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PING送信プラス by SEO対策

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。